総合情報サイト / AI活用事例・AI導入事例 / AIの小売業界への適用方法、事例をご紹介

AIの小売業界への適用方法、事例をご紹介

小売業界においては、属人化した仕事が多く、その効率化が課題になっています。「業務の進め方が、その人にしかわからない状態」では、効率化しようにもできません。自分なりの商談スタイルを確立しているバイヤーなどが、その例として当てはまるでしょう。 こうした事態を脱するために、近年ではAIの活用が注目を集めています。 この記事では、小売業界にAIをどのように適用するかという方法、またAIの活用事例などについて紹介します。

  • 小売業界におけるAIの活用について


    では、具体的にどのようにして小売業界にAIを活用できるのでしょうか。
    その3つの方法について紹介します。

    AIカメラで顧客の行動分析ができる

    防犯カメラを設置している小売店舗であれば、AIによる顧客の行動分析ができます。
    AIを活用することによって、以下の分析が可能になります。

    ・顧客の来店数
    ・顧客の属性(性別・年代)の分析
    ・入店・退店するまでの動線の可視化・分析
    ・どのくらいの顧客が棚の前で立ち止まっているのか
    ・そのうち、どのくらいの顧客が商品に触れているのか
    ・顧客の購買分析

    カメラの映像から顧客がどのように店舗内を回遊しているのか、動線を確認します。また、どの商品が「即購入に結びついたのか」、「手には取ったけれど、購入までに至らなかったのか」などを割り出すことができます。

    そうした分析結果をもとに、顧客がより興味のある・購入に至りやすい商品を店舗に並べることができます。そうした情報を、即時に他店舗に共有して展開することも可能です。

    店舗の動線を客観的に把握することで、混雑の緩和など、店舗運営の改善に繋がる施策を積極的に行うこともできます。

    そのほか、顧客があらかじめ購入する商品を決めてから来店しているのか、それとも店舗に陳列されている品物を見て購買しているのか、といった分析ができることも特徴です。そうした顧客心理を理解したうえで店舗の改装などを行うことで、顧客に寄り添った店舗作りが可能となります。

    AIを活用した小売業界の需要予測

    小売業界では、担当者における在庫管理・受発注業務の比率は大きく、売上に対するインパクトも大きなものがあります。
    また発注作業はいまだに手作業で行われることが多く、「桁を間違えた」などの発注ミスによる「安売り」は、たびたびSNSで話題になっています。

    こうした誤発注をなくすだけでなく、過去の傾向から今のトレンドを分析し、適正な発注ができるAIがあります。こうしたAIを活用することで、経験の浅い担当者であったとしても、熟練のバイヤー並みの需要予測を立てることができます。

    特にその傾向はファッション業界に顕著です。AIがSNS、ショッピングサイトなどにアップロードされた画像を認識・学習。それらのデータによってファッションのトレンドの変化を分析し、未来のトレンドを予測するサービスも誕生しています。そうしたサービスをもとに企画された商品は、2,200店舗以上で販売されているといいます。AIの需要予測によって、定価での販売率が10%以上改善するという実績も上がっているそうです。

    こうしたトレンドを正確に予想することで、在庫切れによる機会損失、また商品を過剰に生産してしまうという事態を防ぐことができます。廃棄ロスの減少にも、こうしたAIのサービスが役立っています。
    近年、こうしたAIを活用した発注システムは、大手の小売業界、アパレル業界に普及しはじめています。今後、その動きは加速し、中小規模の小売店舗にも浸透していくといえるでしょう。

    AIを活用した小売業界の集客活動

    現在、リアルな店舗においてもデジタルツールを活用した販促は広がっています。顧客はSNSやアプリから得た情報によって来店することもあります。またスマホで商品・店舗情報を確認する頻度も増加しています。

    オンラインでの情報発信に注力するのであれば、AIの活用がおすすめです。集客活動において、強力なサポートを得ることができます。

    AIを活用することで、データにもとづき、来店確率が高いユーザーに絞って、より顧客の好みにマッチしたアプローチをすることが可能です。顧客の許諾を得た範囲で、パーソナライズされたセール情報・最寄り店舗などの情報を通知することにより、リアル店舗への来店率へと繋げることができます。

    また、スマホなどの端末を通して来店を促すだけではありません。看板・ポスターなどの販促物においてもデジタル化の波がきています。
    販促ツールは紙からデジタルサイネージに置き換わり、より顧客のニーズに合った内容をリアルタイムで配信することが可能になっています。近年、コンビニのレジ前なども、そうした設備に置き換わりつつあります。
    小売業界は一見AIから遠いと思われがちですが、そうした技術を積極的に活用する取り組みがすすんでいます。

  • 小売業界におけるAIの実活用事例8つ

    以下、AIを導入した小売業界の活用事例について8つ紹介します。

    1.大手スーパーの混雑解消のAI活用事例

    大手スーパーでは、AIを混雑解消に活用しました。入店客数、時間毎、レジ毎の混雑度、レジ待ち時間が可視化できるようになりました。
    そうしたデータから、レジ付近には精算の様子を見守るスタッフを1人配置。AIの分析結果をもとにレジの数を調節します。混雑しそうな場合はレジを新たに開け、混雑を緩和するようサポートします。

    2.大手コンビニののAI活用事例

    広告の配信にAIを活用しているのが、大手コンビニです。
    会員のデータから、購入履歴、性別、年代、価値観などをAIによって分析します。そうして割り出された、嗜好にマッチする商品を配信するシステムです。

    こうした広告はアプリ・レシートを通して配信されます。また、クーポンを発行することもできます。AIを活用した広告配信によって、導入前に比べ購入率は12倍になったといいます。

    3.大手スーパーのAI搭載の発注システムの活用事例

    大手スーパーでは、商品発注にAIを活用しています。AIを搭載している発注システムを利用することで「どの商品」を「どのくらい発注」するか、過去データを分析・学習することで判断できるようになりました。
    また、こうした過去のデータだけでなく、天候、曜日、顧客数、価格など、さまざまな要素を参照し、精度を上げることも可能です。

    AIを活用した商品発注システムの導入により、商品の欠品率が3割近くも減少したといいます。また、そうした取り組みによって社員の労働時間は3割程度、削減できました。それにともない、人件費も削減できています。

    4.大手ドラックストアの万引きの防止のAI活用事例

    大手ドラッグストアでは、万引きの防止のためにAIを活用しているといいます。
    万引きによる被害総額は年間数千億円。決して軽視できない金額です。そこで導入したのは、AIによる顔認証ができる監視カメラです。このカメラを活用し、万引の常習犯の来店を避ける取り組みをスタートさせました。

    個人が特定されることなく行動パターンを分析できるため、プライバシーにも配慮できることがAIの特徴です。カメラの死角にも対応できるようになり、万引き防止のための声掛けもしやすくなったといいます。

    5.無人AI決済店舗の活用事例

    都内の駅に設置されたのはAIを活用した無人決済店舗です。通常のコンビニと同じように、弁当、菓子、飲料を取り扱っており、商品を持って決済エリアに立つことで購入商品を確認することができます。

    天井にはカメラを設置し、顧客の行動を追跡します。そうすることで、セルフレジのスキャン漏れについても素早く検知することが可能です。
    スタッフの人数を削減することで、効率的な店舗運営ができるようになりました。

    6.大手スーパーの商品発注システムのAI活用事例

    某大手スーパーでは、全国100店舗程度において、AIの商品発注システムを運用しています。

    ・価格
    ・天候情報(気温・降水確率)
    ・曜日の特性
    ・顧客数
    などのデータを参照・分析し、最適な発注数を予測するといいます。

    7.大手スーパーの業務効率化におけるAI活用事例

    大手スーパーでは発注数の予測にAIのシステムを導入しました。
    販売実績、計画、気象情報などのデータをもとに、AIが商品需要を予測します。消費期限が短く、予測が難しい牛乳・野菜にも適用できるため、従業員が手作業で発注数を算出していた導入以前に比べ、発注にかける所要時間を半分以下に抑えることができているそうです。

    8.大手電機店の夜間修理受付業務におけるAI活用事例

    大手電機店では、夜間修理受付業務の自動化にAI音声自動応答システムを導入しました。この導入により、コールセンター営業時間外での修理受付ができるようになり、顧客の利便性が向上しました。
    また人件費抑制にも貢献しています。
    夜間だけでなく、日中業務についても運用を拡大するなどの計画もあるといいます。

  • プログラミング不要でAI予測モデルが構築できる「MatrixFlow」

    どのようにして小売業界でAI活用を行うことができるのか、その事例を紹介してきました。
    AIの活用というと専門知識を持ったデータアナリストにしかできない、と思われがちですが、今は手軽にAIを活用できるツールがあります。
    ビジネスのためのAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」(マトリックスフロー)も、その1つです。
    ドラッグ&ドロップをするだけで誰でも簡単に機械学習を使いこなすことができることが特徴で、アルゴリズムの管理を、一元的に行うこともできます。
    小売業界に重要なウエイトを占める需要予測にも活用が可能です。
    自社のデータを読み込ませて学習することで、自社ならではの精度の高いAIを運用することができます。
    ぜひ、詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

    氏名
    会社名
    会社メールアドレス
    つながりやすい電話番号

    個人情報保護方針に同意の上送信します。

    プログラミングなしでAIを構築・AI需要予測の実施方法をはじめ、業界別のAI活用を掲載しています

    資料ダウンロード

    関連した事例

    問い合わせ 資料請求