総合情報サイト / AI活用事例・AI導入事例 / 面白いAI・人工知能の使われ方をまとめました

面白いAI・人工知能の使われ方をまとめました

AI技術は日々刻々と進化しています。これに伴い需要を予測して食品ロスを減らすAIや、クレジットカードの不正を検知するAIなど最近は、さまざまなAIが登場し始めています。 そこで本記事では、AI活用事例の中でも一風変わった面白い事例を8つ紹介します。本記事をAI活用のアイデアの参考にしてみてください。

  • アパレル在庫商品とインフルエンサーをマッチングさせるAI



    商品ロスを減らすために、余剰在庫とインフルエンサーをマッチングさせるAIサービスが2021年に登場しました。昨今のアパレル業界では「大量生産・大量消費・大量廃棄」の悪循環が問題になっています。この「衣服ロス」は環境負荷や企業利益、ブランドイメージなどさまざまな箇所に悪影響を与えています。

    そこで本サービスを開発した企業は、SNSの普及により影響力を高めているインフルエンサーに目をつけました。インフルエンサーの大きな発信力を活用すれば、アパレル企業の在庫商品を趣味嗜好の近いユーザーに届けられるのではないかと考えたようです。

    仕組みとしては、以下の通り。

    1,インフルエンサーのSNSでの投稿画像やフォロワーをAIで画像・言語解析
    2,フォロワーにマッチした商品を選定することで、親和性の高い商品を届ける

    この仕組みは、アパレル業界の衣服ロスを解決する方法として注目されています。

    参考:A.Iの活用でアパレルの在庫ロスをゼロに!アパレル企業の在庫商品とインフルエンサーのマッチングサービスを開始

  • AIアナウンサー

    最近では人に近いイントネーションや発音を学習して、原稿を読み上げてくれるAIアナウンサーも開発されています。実際にアナウンサーが選んだ10万件のニュースの音声を、人工知能で機械学習させたそうです。ちなみに話すスピードや休符の挿入、読み方の修正なども可能です。

    「ズームイン!!サタデー」や「金曜報道スペシャル」などのテレビに出演したり、ショッピングモールの館内放送に採用されたりと、最近ではさまざまな場所で活躍して
    います。

    参考:AIアナウンサー「荒木ゆい」

  • 姿勢の歪みを発見するAI

    AI開発やデータ分析、システム開発に精通したDX集団である本企業は、現代人の悩みである姿勢の悪さをAIが診断してスコア化するシステムを開発しました。

    接客業などのビジネス現場や教育現場では、とくに第一印象が重要です。その中でも姿勢は、その人のイメージを決定づける重要な要素。姿勢が良ければ自信があるように見えますが、悪ければやる気がなさそうに見えてしまいます。このAIシステムを利用して姿勢を改善していけば、ビジネスにおいても大きな成果を発揮してくれるでしょう。

    また本システムはユーザーの関節を読み取って、姿勢のゆがみと関節の可動域も数値化することもできます。そのためスコアと分析画像を参考にすれば、高齢者施設や整骨院などで、より的確なアドバイスや施術ができるようになるでしょう。

    参考:姿勢の歪みを1分で診断できるAIシステム「Posen(ポーズン)」  1月22日販売開始!現代人の身体悩みを解決するサポートに

  • 文章作成AI

    最近では文章を作成するAIも登場し始めています。文章といっても様々な種類がありますが、例としては以下の通りです。

    ・質問や問い合わせへの答えを作成してくれる文章AI
    ・ネット記事を作成してくれる文章AI

    とくに2つ目のネット記事を作成できる文章AIは最近注目を集めています。この文章AIは膨大なテキストデータを用いて学習することで、言語モデルを作りながら文章を作成しています。ある単語の次に出てくる単語を予測するモデルを学習できるようになったため、ネット記事のような難易度の高い文章まで作成できるようになったようです。

    ただ現在GoogleはAIを利用した記事作成を規約違反としているため、企業が記事作成にこの文章AIを使うにはリスクが大きいです。ただ今後GoogleがAIでの作成を許可したり、さらに文章作成技術が向上したりすれば、AIが文章を書く仕事を全て担っている時代になるかもしれませんね。

  • 顔診断AI

    顔診断をして、似ている芸能人を判定してくれるAIもあります。実際にアプリとしてリリースして、1,000万ダウンロードを突破したサービスも登場していますよ。本アプリでは女優やアイドル、アナウンサー、お笑い芸人などさまざまなカテゴリーから似ている芸能人を探してくれます。

    利用方法は以下の通り。

    1,性別とカテゴリーを選択してカメラを起動する
    2,顔を枠に収めると自動で撮影

    たったこの2ステップで、似ている芸能人を探してそっくり度を診断してくれます。友達や家族と一緒に診断して遊ぶと盛り上がりそうですね。

    参考:そっくりさん AI 顔診断

  • フロアサービスロボット

    フロアサービスロボットを導入している飲食店も増えています。フロアサービスロボットは料理を載せればお客様の席まで、料理を勝手に運んでくれるロボットのことです。表情がコロコロ変わったり、簡単なトークをしてくれたりするため、お客さんも楽しむことができるのです。

    ちなみに、フロアサービスロボットを導入するその他のメリットは以下の2つです。

    ・充電さえすれば、ずっと働いてくれる
    ・ 一度にたくさんの料理を運べる

    新型コロナウイルスの影響で、非接触のサービスを求めているお客さんも増えています。フロアロボットサービスを利用すれば、こういった方でも安心して料理を受け取ることができます。

    参考:JSP ROBOT 公式サイト

  • 採用面接で活躍するAI

    AIは採用活動でも活躍しています。大手飲食店はアルバイト採用において、AIを使用した面接サービスを2019年から関東一都三県に本格導入しました。

    本サービスでは、人間の代わりにAIが面接のヒアリングを実施してくれます。本サービスを利用するメリットは以下の通り。

    ・面接の質問は独自開発の戦略採用メソッドを元に構築しているため、質を心配する必要はない
    ・採用基準が統一される
    ・24時間365日世界中どこでも面接ができるようになる

    実際にこのAIを使用した大手飲食店は、応募者のドタキャンによる機会損失を削減できたり、採用しない人との面接をする必要がなくなったりと、さまざまなメリットを享受できているようです。

    参考:SHaiN 公式サイト
    吉野家の関東エリアでのアルバイト採用において AI 面接サービス SHaiN EX ライト本格導入開始

  • きゅうり選別AI

    農作業の中でもとくに大変だといわれているのがきゅうりの仕分け。そもそも仕分けとは、色や大きさ、形によってランク別に選別したり、出荷時に傷があるものを除いたりする作業のことです。

    この仕分けを自動化するAIが作成されたことが最近話題になっています。

    厚紙にきゅうりをのせて、パイプに固定したカメラできゅうりを撮影した後、その画像をニュートラルネットワークで識別するという仕組みで、選別AIを完成させました。

    元々は仕分け作業を完全自動化することを目的にしていましたが、きゅうりを傷つけることなく完璧に仕分けるのは難しいと判断したようで、最終的にはAIによる人間のサポートというコンセプトに変更したようです。つまり等級の判断だけをAIに任せて、箱詰め作業は人間が行う分業制になったのです

    AIは農業分野で大変活躍しています。例えば、ぶどうの収穫ロボットや植物の健康状態を識別できるAI、牧羊犬の役目を担うAIなど種類はさまざまです。

    参考:元組み込みエンジニアの農家が挑む「きゅうり選別AI」 試作機3台、2年間の軌跡

  • AIを簡単に作成できる「MatrixFlow」

    MatrixFlowはプログラミングの知識がなくても、短期間でAIを構築・運用することで幅広い課題を解決できるAI活用プラットフォームです。

    MatrixFlowの主な機能は以下の6つです。

    詳しくはこの後解説します。

    売上予測

    売上実績などから、将来の売上を予測することができます。

    その他にも販促キャンペーンや広告などの売上効果予測や正確な価格予測、店舗要員予測などさまざまな分野の予想を高い精度で行ってくれます。

    需要・在庫予測

    各商品の売上や注文数、顧客、各店舗、在庫の情報などから、それぞれの商品に必要な在庫数を予測します。

    またMatrixFlowは在庫数だけでなく、過去の消費量から必要な消費量も予測できます。この消費量から無駄なコストを検知することも可能なのです。

    不良品検知・異常分類

    センサーデータや画像データから異常値や異常状態を予測して、歩留まりの数値を改善していきます。

    購入顧客予測

    優良顧客と離反顧客を分類したり、顧客のニーズデータをグループ分けしたりして、その企業独自のレコメンドシステムを構築します。

    文章・テキストの分析

    MatrixFlowはニュース記事のレコメンドや、SNSのレビュー(ネガポジ)分析なども行うことができます。

    採用マッチング最適化・退職リスク予測

    MatrixFlowは、採用や退職といった人事の問題にも一役買います。
    選考で高評価を得る採用希望者を分類・予測したり、各企業に最適なマッチングレコメンドエンジンを作ったりして、退職リスクがある人員を抽出します。

    このようにMatrixFlowはさまざまな企業課題を解決します。
    ちなみに本システムの利用に必要なのはデータとブラウザのみ。なおクラウドで提供しているため、機械学習の環境構築をする必要もありません。

    簡単に高機能なAIを活用して企業課題を解決したいのであれば、ぜひお問い合わせください。

関連した事例