総合情報サイト / AI活用事例・AI導入事例 / 不動産業におけるAI技術:AI活用領域と、事例をご紹介

不動産業におけるAI技術:AI活用領域と、事例をご紹介

不動産業界は他の業界に比べて、AIの進出が遅いといわれているため、今のうちに導入できれば多くのメリットを享受できるかもしれません。そこで本記事では不動産業界におけるAIの活用領域や、AI導入のメリット・デメリットを解説します。

  • 不動産業界でAIを導入するメリット

    不動産業界にAIが導入されれば、どのような効果が期待できるのでしょうか。
    本章では不動産業界でAIを導入するメリットを3つ紹介します。

    新しいサービスが開発できるようになる

    AIを活用すれば、これまでになかったような先進的なサービスが開発できる可能性があります。

    その代表的な事例が「不動産査定AI」です。不動産査定AIとは、人間の代わりに AI が戸建てやマンションなどの不動産価格を瞬時に自動計算してくれるシステムのことです。

    一般的に不動産を売却する際は、複数の不動産会社に訪問査定を依頼するのですが不動産査定を利用すればこういった手間を省略できるのです。(不動産査定AIについては次章の「不動産業界におけるAIの活用領域」で詳しく紹介しています。)

    AIの力によって、このような新しいサービスが生まれつつあります。ちなみに不動産査定AIの他にも不動産仲介AIなども最近登場し、注目を集めています。今後よりAIが発展していけば、さらに業務が効率化されるシステムがリリースされるかもしれません。

    業務が効率化される

    不動産業界でAIが導入されると業務が効率化されます。例えば、不動産業界には「帯替え」と呼ばれるシンプルな作業にもかかわらず、積み重なれば工数が重くのしかかる作業があります。

    しかしAIが導入されれば、こういった作業をAIに任せられるようになるため、業務が効率的になります。また、人間が作業を行うよりもAIに任せた方がミスも少ないため、工数が削減されるだけなくミスも削減されるのです。

    労働環境が改善される

    上述した「業務が効率化される」と関連していますが、不動産業界にAIが導入されることで、労働環境が改善されます。

    VORKERSの『業界別残業時間(月間)ランキングTOP30』によれば「不動産関連・住宅」の月間平均残業時間は64.8時間に登っています。これはコンサルや広告代理店、建築などについて第5位です。

    平均の残業時間が約65時間であれば、週5で働いている社員は毎日2.5時間ほど残業していることになります。このように労働時間が適正化されていない不動産業界ですが、この問題もAIが解決してくれるかもしれません。

    先ほども紹介したように最近では「帯替え」のような時間のかかる仕事が、AIで自動化されつつあります。そのため今後、より多くの業務が自動化されれば労働環境は改善されていくでしょう。

  • 不動産業界のAI導入に伴うデメリット

    前章で紹介したように不動産業界にAIが導入されたことで、労働環境が改善されたり、業務が効率化されたりします。ただ、AIの導入は良い側面ばかりではありません。そこで本章では、AI導入に伴うデメリットを2つ紹介します。

    従業員の仕事が奪われる

    詳しくは次章の「不動産業界におけるAIの活用領域」で紹介しますが、AIは不動産査定や不動産仲介、問い合わせ対応など様々な領域において活躍し始めています。

    不動産仲介業は、買い手と売り手の間を取り持つ仕事ですが、この役割を将来的にAIが完全に担うようになれば、仲介業者が手数料を取ることは難しくなるようです。

    また人間よりもAIの方が取り扱える物件の量は膨大であるため、今後より技術が発展すれば、AIの方がその人にあったより良い物件を紹介できるようになるかもしれません。

    そのため、一部からは「このままAIが発展すれば、従業員の仕事が奪われるのではないか」と心配する声が上がっています。たしかにこのままAIの技術が進歩すれば、仕事がなくなるかもしれません。

    では技術が発展してきても生き残る不動産になるためには、どういった対策を打てば良いのでしょうか。結論、人間にしかできない対応・物件紹介ができる不動産は、生き残るといわれています。家の価値は何も、場所や広さだけで決まるわけではありません。

    人間が持っている感情が決める「住み心地」なども家の価値に影響します。しかし現状AIは、こういった人間の感情的な部分まで数値化できません。そのため、住み心地も踏まえた上でより良い物件を紹介できる不動産は、AIに負けることはないでしょう。

    このようにこれからはAIと差別化しなければ、簡単には生き残れない時代になるかもしれません。

    AIを使いこなす人材がいなければ活用できない

    どんなに魅力的なAIが開発されたとしても、それを使いこなせなければ意味がありません。不動産業界はデジタル化が遅れているといわれているため、社内にIT関連の知識を持っている人材が少ない可能性も考えられます。

    そのためAIを導入するために、ITに詳しい社員を採用したり、今いる社員にAIについての基礎知識を吸収させたりする手間が必要です。

    ただ最近ではプログラミングの知識がなくても、AIが構築できるサービスも登場しているため、導入の手間をかけたくない方は、こういったサービスを利用するのも有効な手段でしょう。

  • 不動産業界におけるAIの活用領域

    不動産業界の業務を効率化したり、労働環境を改善したりしているAIですが、具体的にはどういった領域において活躍しているのでしょうか。本章では不動産業界におけるAIの活用領域を4つ紹介します。

    不動産査定

    不動産業界におけるAIの活用領域の一つ目は「不動産査定」です。 AIが不動産を査定することで、戸建てやマンションなどの不動産価格を瞬時に自動計算できるようになりました。

    実際に最近では「マンションナビ」のような不動産AI査定サイトも登場しています。

    そもそも査定には「机上査定(不動産が不動産情報だけを見て査定を行うこと)」と「訪問査定(不動産会社が実際に物件を見て査定を行うこと)」の2種類があります。ただ、人間が不動産情報を見て査定を行う場合も、実際に物件を訪問して査定を行う場合も、ある程度の作業コストがかかっていました。

    しかし不動産査定をAIが行えば、瞬時にこれまでの物件データや取引事例を計算して瞬時に価格が出せるようになるのです。そのため利用者は基本項目を入力するだけで、すぐに価格を確認できます。

    また不動産AI査定は匿名で利用できるため、サービスを利用した後に営業電話がかかってくるような心配も必要ありません。このように不動産査定AIの登場は、従業員と利用者両者にとって大きなメリットがあります。ただ現状では、相場しか把握できなかったり、戸建の査定制度は悪かったりとまだまだ改善点はあるようです。

    不動産仲介

    不動産仲介の領域においても、AIは活躍し出しています。一般的に不動産を売買する際は、買い手と売り手の間に不動産の仲介業者が入ることになります。ただ最近ではAIが不動産仲介の役割を担い始めています。

    この不動産仲介AIが導入されるメリットは以下の通りです。

    ・部屋を探しているユーザーが物件に関する質問を入力すれば、瞬時に回答してくれる(希望の部屋を紹介してくれる)
    ・システム内で内見の申請もできるため、手間がかからない
    ・データ管理も一括で行えばより強固なセキュリティの元、取引が行える
    ・従業員の業務が削減される

    このように利用者側にも従業員側にも、さまざまなメリットがある不動産仲介AIなのです。

    問い合わせ対応

    不動産業界に限った話ではありませんが、企業には毎日多くの質問が寄せられます。この質問をAIのチャットボットが自動で回答してくれるようになれば、従業員が回答に時間を割く必要がなくなります。

    皆さんもサイトを閲覧している際に「質問はこちらから」などと記載されているポップアップに出会ったことがあるのではないでしょうか。これがチャットボットです。

    チャットボットを活用すれば、従業員の手間が減るだけでなく、利用者の質問に対して瞬時に回答できるようになるため顧客満足度も上昇します。このように不動産業界の問い合わせ対応においても、AIは活躍し始めています。

    顧客管理

    最近では顧客管理の面でもAIが活躍しており、不動産業界に特化したツールも登場しはじめています。

    本ツールには、顧客情報をデータベースで共有・一括管理できる機能が備わっています。またこの他にも、帯替えを自動で行ってくれたり、紙の物件情報を読み取って自動でデータ化してくれたりと、業務効率化の側面も持っています。

    記事前半で紹介したように、不動産業界は残業時間が多い業界です。顧客管理がこれからさらに自動化されていけば、従業員の負担は減っていくでしょう。

  • 不動産業界でAIを有効に活用するためには?

    最近は不動産業界でもAIが活躍し始めています。ではどうすればAIの力を最大化できるのでしょうか。本章では、不動産業界でAIを有効活用するためのコツを2つ紹介します。

    AI活用の目的を定める

    一言に「不動産業界のAI活用」といっても、問い合わせ対応に関するAIや不動産査定AIなど、最近ではさまざまなAIが登場しています。そのためAIを活用しようと思っても目的が明確でなければ、どんなAIを導入すればいいのか決められません。

    顧客からの質問が多く回答に社員のリソースがとられているのであれば、問い合わせ対応に関するAIを導入すべきですし、査定の手間を省きたいのであれば、不動産査定AIを導入すべきでしょう。

    AIの導入にかかる費用は決して安いとはいえません。「競合他社が導入していたから、なんとなくその波に乗る」のではなくしっかりと目的を明確にして、その目的が達成できそうなAIを導入しなければ費用は回収できないでしょう。

    IT人材を育成・確保する

    せっかくAIを導入したとしても、AIに関する知識がなければ十分に使いこなすことは難しいでしょう。しかしAIの導入が他の業界よりも遅れている不動産業界においては、ほとんどの企業にAIに詳しい人材はいないでしょう。

    そこで企業は、IT人材を育成する必要があります。自社内でITに詳しい人材を配置するメリットは以下の通りです。

    ・AIシステムの一貫性が保てるようになる(故障した時にすぐに対応しやすい、など)
    ・自社にあったシステムが構築される(自社のことをよく知っている人材が構築すれば)

    座学やOJTを通して自社内にIT人材を育成できれば、AIをさらに有効に活用できるようになるでしょう。

  • プログラミング不要でAIが構築できる「MatrixFlow」

    MatrixFlowはプログラミングの知識が無い方でも、AIが構築できるプラットフォームです。アルゴリズムの開発は、ブロックをドラッグアンドドロップして、繋げるだけで実現します。ちなみに本ツールでは、データや作成したアルゴリズムの管理といった、AI構築関連の全ての工程を一元的に管理できます。

    なおこの開発スキームは、業種・業界によらないため、開発を続けることで開発ノウハウがブロックとして蓄積されます。またその組み合わせのテンプレートとしてプラットフォーム上に次々と蓄積されていくため、今後のAI開発においては、さらなる開発の効率化や費用の低減が期待できます。

    MatrixFlowでは不動産業界においても、AIを構築できます。気になる方はお気軽に、お問い合わせください。

関連した事例