総合情報サイト / AI活用事例・AI導入事例 / 保険業界でのAIの活用領域、実例と導入に向けたポイント

保険業界でのAIの活用領域、実例と導入に向けたポイント

保険金査定や問い合わせ対応の分野を中心に、最近では保険業界でもAIが活用され始めています。そこで本記事では保険業界におけるAIの活用領域や事例、導入の際のポイントを紹介します。 AIを導入すれば業務が効率化されたり、ニーズに適した商品を販売できるようになったりと、さまざまなメリットがあります。ぜひAIを導入して、こういったメリットを享受していきましょう。

  • 保険業界でAIを導入するメリット

    保険業界にAIが導入されると、どのような効果が期待できるのでしょうか。
    そこで本章では、保険業界にAIを導入するメリットを2つ紹介します。

    業務が効率化される

    保険業界にAIを導入するメリットの1つ目は業務の効率化です。例えば従来までは事故が発生した際、事故現場を細かく確認する必要がありました。しかし専用カメラが自動車に取り付けられるようになった現在は、このカメラで事故当時の走行速度や破損状況などを確認できるようになったため、わざわざ細かいヒアリングをする必要がなくなりました。

    また最近ではデジタル端末を利用すれば、レッカー車の手配や修理工場の案内もできるため、企業の仕事が少なくなっています。加えて事故当時の詳細なデータをカメラに残しておけば、被保険者と事故に関する認識齟齬によるトラブルも防止できます。

    このように保険の現場でAIが導入されると企業の手間が減り、業務が効率化されます。ちなみにAIの導入は、事故発生時の対応だけでなく、問い合わせ対応や保険の提案といった場面においても効果を発揮しています。詳しくは次章の「保険業界でのAIの導入領域・事例6選」をご覧ください。

    ニーズに適した商品を販売できるようになる

    保険業界にAIを導入すれば、ニーズに適した商品を販売できるようになります。従来においても保険業界では、オーダーメイド型の保険で顧客のニーズに適した商品を販売していました。

    ただAIを導入して、膨大な顧客データから顧客のニーズを把握すれば、年齢や性別に沿ったおすすめの保険プランをレコメンドできるようになります。

    このようにAIを導入してより顧客ニーズを把握できるようになれば、保険商品の売り上げ アップにも繋がるでしょう。このようにAIは商品開発にも進出してきているため、AIを使いこなせるかどうかは売り上げを大きく左右する重要な要素なのです。

  • 保険業界でのAIの導入領域・事例6選

    業務の効率化や、ニーズに適した商品の販売に一役を買っているAIですが、具体的にはどういった領域において活躍しているのでしょうか。本章では保険業界での、AIの導入領域・事例を6つ紹介します。

    保険金査定の効率化

    日本の大手損害保険会社は、保険金支払査定業務において「AI保険金査定システム」を2022年から導入し始めました。

    「AI保険金査定システム」を利用した保険金の支払いまでの流れは以下の通りです。

    保険事故の発生→被保険者が治療を受ける→医療機関で領収書を発行してもらう→ 被保険者が書類を撮影する→本システムで保険金を査定する→企業が支払いを判断する→支払い手続き

    このシステムが導入されたおかげで、事故の受付から保険金の支払いまでが一貫してデジタル化されました。また当社は将来、支払いに関する業務プロセスをデジタル化して、さらなる顧客の利便性の向上と迅速な保険金支払いを実現していく予定のようです。

    このようにAIを積極的に導入している企業は、どんどん業務がデジタル化しています。

    参照: SBI損保、がん保険の保険金支払査定業務において 「AI保険金査定システム」を導入

    不正な請求の探知

    日本の大手生命保険会社は、給付金や保険金の査定業務を支援するAIシステムを2020年から活用し始めました。このAIシステムを導入したことによって、不正な請求をより迅速にそして正確に探知できるようになったようです。

    もともと給付金や保険金の請求処理は、様々な怪我や疾患といった治療理由を判別して、不正な請求を見つける必要があり、探知までにかなりの時間を要していました。

    しかしこのAIシステムが導入されたことで、複雑な請求の査定にも注力できるようになり、査定業務の向上と効率化が実現したようです。

    当社ではこのAIシステムの他にも、ITを活用したリスク管理の強化やサービス向上に乗り出そうとしています。

    参照: メットライフ生命保険、保険金の査定業務にAIシステムを導入

    事故状況の自動生成

    日本の大手損害保険会社は、 専用のドライブレコーダーの映像から事故状況を自動生成してくれるAIシステムを2020年に導入しました。

    事故現場や事故当時の速度などを踏まえて、事故を正確に把握することで、被保険者が事故状況を説明する負担が軽くなったようです。

    また車の位置情報とドライブレコーダーの映像を活用することで、AIが的確に事故状況を図や文章で自動生成してくれるため、事故状況の認識齟齬によるトラブルが防止できるようになりました。

    また2021年からは、被保険者自身の車両の動きだけでなく、相手の車両の動きも分析する機能が導入されました。これにより、より正確で迅速な事故解決が可能になったようです。

    参照:ドラレコ型AI事故状況説明システム「Ai’s(アイズ)」に新機能を追加
    三井住友海上 公式サイト

    事故状況から保険金の支払い可否を判断

    日本の大手損害保険会社は、保険金を迅速に支払うために、事故状況などの入力内容から保険金の支払い可否を判断するシステムを開発し、2022年内の導入を目指しています。

    もともと当社ではLINEのアプリ上で、チャットボットが被保険者の請求手続きをナビゲートしていました。これまでは事故報告があった後、保険金の支払い担当者が支払いの可否を判断する必要がありましたが、本システムが導入されることで、24時間・365日いつでも事故受付や請求手続きに対応できるようになります。

    具体的に本システムでは、被保険者が事故受付の際に入力した怪我や事故の内容をAIが読み取り、保険約款に照らし合わせながら、保険金の支払可否を判断します。入力内容だけで判断できない場合はAIが追加で事故状況を質問して、最終的な支払い可否を決定します。

    このシステムの導入により、保険金の支払い判断がより迅速になることが期待されます。

    参照: AIによる保険金支払の自動判定システムの開発

    生損保一体のおすすめプランを設計

    日本の大手損害保険会社は、顧客の年齢や家族構成といった属性情報や生損保の契約情報をもとに、AIが生損保一体のおすすめプランを設計してくれる機能を開発しました。

    また本システムは保証ごとのおすすめ度を客観的に評価して数値化してくれます。これにより3つのおすすめプランを簡単に比較できるようになるため、対面で話せない場合でも顧客はそれぞれのプランを検討できるのです。

    参照:【業界初】 AI を活用して生損保一体で保険提案する機能の導入

    問い合わせ対応

    保険商品は複雑でわかりにくいため、企業によっては毎日たくさんの問い合わせ電話がかかってきます。この問い合わせ対応は想像以上に時間がかかるため、気付いたら1日のほとんどの時間を顧客対応に使っていた、なんて社員も会社にはいるのではないでしょうか。

    こういった問い合わせ対応にもAIが一役買い始めています。皆さんもサイトを閲覧している際に「質問はこちらのボットにご記入ください」と記載されているポップアップに出会ったことがあるのではないでしょうか。こういったチャットボットを導入して、事前に回答を用意しておけば、AIが勝手に質問に回答してくれるため、問い合わせ対応の作業コストが激減します。

    またこのチャットボットを利用すれば顧客の質問に対して瞬時に回答できるようになるため、顧客満足度の向上にもつながります。問い合わせ対応に逼迫している企業は、チャットボットを導入することで業務コストが大幅に削減されるでしょう。

    ちなみにチャットボットの他にも、お客様が電話をかけた際に「△△の問い合わせは1を押してください」のように自動応答してくれるシステム(IVRy)も登場しているようです。

  • 保険業界でAIを有効に活用するための2つの方法

    せっかくAIを導入しても使いこなせなければ意味がありません。そこで本章ではAIを有効活用するための方法を2つ紹介します。

    AIを導入する目的を明確にする

    「保険業界のAI活用」には様々な選択肢があります。前章で紹介したような保険金査定を効率化してくれるAIもあれば、問い合わせ対応の業務コストを削減してくれるAIなど種類はさまざまです。

    そのため目的が明確でなければ、いざAIを導入しようと思ってもどのAIを導入すべきか決められません。「現状どの業務に課題を抱えているのか」を明確にして導入するAIを明らかにしましょう。

    AI導入にかかる費用は決して安くありません。目的にそったAIを導入しなければ、経営は改善されないため、高額な導入資金が無駄になってしまうでしょう。

    AI導入の体制を整える

    どんなに高性能のAIを導入したとしても、そのAIを活用できなければ意味がありません。機械の扱いに慣れていない社員は、システムを使いこなせない可能性があります。全員が正しく使用できるように、研修やマニュアルは用意しましょう。

    また自社専用のAIを作成するためには、IT人材を雇用・育成する必要があります。自社でAIを作成すれば、自社の課題をダイレクトに解決できるため、やはりある程度の効果は期待できます。

    また万が一トラブルがあったとしても、自社内に担当者がいれば迅速に対応できます。ただそれ相応の技術レベルが会社にないとシステム開発は難しいため、導入できる企業は限られているでしょう。

    ただ最近では、プログラミングの知識がない方でもAIが構築できるサービスもリリースされているため、どうしても自社専用のAIを作成したいのであれば、こういったサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

  • プログラミング不要でAIが構築できる「MatrixFlow」

    MatrixFlowは、プログラミングの知識がない方でもAIを構築できるプラットフォームです。
    アルゴリズムは、ブロックをドラッグアンドドロップして、繋ぐことで開発します。
    またデータの管理や作成したアルゴリズムの管理といった、AI構築に関わるすべての工程は
    一元的に管理できるため大変便利です。

    なお、この開発スキームは業界や業種に依存しないため、開発をすればするほど開発ノウハウがブロックされ、その組み合わせのテンプレートとしてプラットフォーム上に貯まっていきます。そのため今後のAI開発においては、開発が早期化されたり、開発費用が削減できたりと、さまざまな期待がされています。

    本サービスではチュートリアルを用意しています。気になった方はぜひお試しください。また不明点は弊社までお気軽にお問い合わせください。

関連した事例