総合情報サイト / AI活用事例・AI導入事例 / 飲食業界でのAI活用事例!人手不足解消・売上を予測する方法とは?

飲食業界でのAI活用事例!人手不足解消・売上を予測する方法とは?

我々の生活と切っても切れないのが飲食業。 衣食住の1つである食を提供する、なくてはならないサービスの1つです。 市場規模は約33兆円ともいわれており、市場規模も大きい業界です。 一方で、参入障壁が低いため競合が乱立しやすく、価格競争が激しいのも飲食業界。 また、天気や曜日の影響を受けやすく、来客数や売上が安定しづらいといった特性もあります。 こうした飲食業界における課題を解決する方法として、AIの活用が注目されています。 AIを活用することで人手不足を解消したり、顧客の満足度を向上させることも可能です。 本記事では、実際に飲食業界で活用されている事例を元に、AIの活用方法をご紹介します。 業務効率化や売上向上など、飲食業で課題を抱えている方はぜひ参考にしてみてください。

  • 飲食業界におけるAIの活用領域

    AIとは、人の脳の働きをシステムで再現したものをいいます。
    言葉を理解したり、物事の関連性や法則を読み取ったりといった、人間ならではの働きを再現する仕組みです。
    脳が理解できるもの・できることはかなり幅広いため、AIでできることも無限大です。
    そのため一口にAIといっても、活用の仕方は様々です。また、飲食業界におけるAI活用もまだまだ始まったばかり。
    今後さらにAIの開発が進めば、店舗の課題に応じて柔軟な解決策を用意することができます。
    参考までに、現在飲食業界で注目されている代表的な活用方法をまとめました。

    電話予約を応対するAI

    飲食店といえばネット予約が一般的ですが、直前の予約や予約内容の変更には電話連絡が必要です。
    ですが、飲食業のピークタイムは並の忙しさではありません。
    せっかくかかってきた電話をとり逃してしまった経験は、誰しもあるのではないでしょうか。
    こうした課題を解決する方法として、AIスタッフの活用が挙げられます。
    具体例として、インターネット関連事業社と集客支援会社が共同開発したAIスタッフの事例をご紹介します。
    AIスタッフは、音声認識を使って予約電話に対応できるAIです。
    お客様が話した内容を音声認識することで、AIスタッフだけで以下の応対が完了できます。

    ・当日/直前〜翌日以降の予約
    ・予約内容の確認
    ・予約キャンセル

    お客様はAIスタッフに対して、「今日空いてますか?」といった質問をするだけです。
    人と会話しているような自然な会話の中で、AIスタッフがニーズを把握してくれます。
    もちろん、混雑状況に応じてAIスタッフを使う・使わないといった選択も可能です。
    AIスタッフなら24時間365日電話予約が可能なので、電話を取りこぼす心配がありません。
    機会損失を防ぐと共に、スタッフは目の前の接客に集中できる点もメリットです。

    顔認証AIシステム

    AIが顔認証をすることで、非接触で決済が行える飲食店があります。
    顧客は、支払い前にスマホに自分の顔とクレジットカード情報を登録しておきます。
    支払いの際は、店舗のタブレットで顔をスキャンするだけです。AIが登録情報と顔を照らし合わせて決済を行ってくれます。
    新型コロナウイルス感染症対策として推奨されているキャッシュレス決済。AIを使えば、端末に触れずに注文から決済まで行えます。
    店舗のメリットとしては、導入が簡単な点とセキュリティ対策を軽減できる点があげられます。
    飲食店の決済方法といえば、現金やクレジットカード払いが一般的です。
    クレジットカード払いの場合、専用の決済用端末の導入が必要なため一定の導入費用がかかります。
    ですが、AIによる顔認証決済はタブレットで行えます。クレジットカード用の専用端末よりも安いため、導入費用をかなり抑えることが可能です。
    また、セキュリティの観点でもAIの顔認証決済はおすすめです。
    AIによる顔認証決済の場合、顔情報とクレジットカード情報はクラウド上に保存されます。
    店舗のタブレットには保存されないため、万が一盗難されたりウイルスに感染した場合も、個人情報流出の恐れがありません。

    注文AIシステム


    飲食店での注文は、店員に直接伝える方法やタッチパネルが一般的です。
    これら従来の注文方法に加え、早く正確に注文を受ける方法としてAIの音声認識が注目されています。
    AIには画像や文字を認識する技術の他に、話している言葉を理解する音声認識の技術もあります。
    音声認識AIは精度の調整が必要なものの、多言語に対応できる点や、店員がいなくても注文できる点がメリットです。
    注文の仕方はとても簡単。顧客は、座席に設置されているタブレットに向けて注文商品を伝えるだけです。
    機械の操作に慣れていないご高齢の方も注文しやすい上、メニュー数が多い店舗でも効果的です。
    「タッチパネルのどこに何の商品があるのかわからない」といった経験は、誰しもあるのではないでしょうか。
    音声でメニューを検索できるようにすれば、大雑把な商品名を言うだけで該当のメニューを探せます。
    また、AIの学習が進めば、店員に代わって顧客それぞれに合ったメニューを提案することも可能です。
    例えば、「パスタが食べたい」といった顧客の要望に対し、「トマトパスタがおすすめです」といった返答ができます。
    人手不足解消に加え、音声認識AIはこうした顧客体験向上の意味でも、飲食業界での活用が期待されています。

    来店来客数予測AI

    飲食業における課題の一つとして、来客数や売れやすい商品の予測が立てづらい点があげられます。
    ランチタイムや仕事帰りといったおおよそのピークタイムはあるものの、予想していた客数を下回ることはあります。
    また、日によってよく出る商品が変わることも多いのではないでしょうか。
    AIなら、データを元に未来の来客数や売れ筋商品を予測することができます。
    来店客数予測のAIでは、気象データや過去の来客データを元に、45日まで先の来客数が予測できます。
    来客数を元にすれば、大まかな売上予測や必要な仕入れ量、スタッフ数の算出が可能です。
    無駄な仕入れを防ぐことは、社会問題であるフードロス防止にもつながります。
    実際、来客予測AIを導入したことで最大55%食材廃棄を減らした事例もあるようです。
    また、来客数がわかれば必要なスタッフ数も割り出せます。
    毎月のシフト作成にかかる時間が大幅短縮できる上、混雑時間に人手が足りない、逆に閑散時間に人手が余るといった心配がありません。
    無駄な人件費の削減や人手不足解消にも効果的です。
    1ヶ月以上先まで予測できることで、新規スタッフの採用計画にも活用できます。

  • 飲食業におけるAIの実活用例

    飲食業界でAIを業務に活用している事例を3つご紹介します。

    ・大手飲食チェーン店による顧客データ活用
    ・テイクアウト専門店のAIによる値付けシステム
    ・予約のリマインドを行うAI

    大手飲食チェーン店による顧客データ活用

    大手飲食チェーン店では、膨大な顧客データを解析するためAIを導入しました。
    同社ではAI導入以前、マーケティング担当者個人の知識と経験に頼った分析が主流でした。
    この分析方法は精度にバラつきが出る上、分析結果が出るまでに膨大な時間がかかってしまいます。
    次のアクションまでに時間がかかり、分析結果を有効活用しきれないという課題を抱えていました。
    そこで、施策のPDCAを高速回転させると共に、施策精度向上を目的にAI導入を決意しました。
    導入されたAIは、データの加工から分析までを自動で行う機能を持っています。
    さらに位置情報も分析に組み込むことができ、店舗のロケーションを加味したデータ分析も可能です。
    同社ではPOSデータや公式アプリのログデータをAIに学習させ、どの施策がどのようなユーザーに効果的だったのかを分析しています。
    AIは学習を繰り返すほど精度が上がっていくという特徴を持っています。
    そのため、数千店舗の膨大なデータを毎月学習していくことで、さらなる分析精度向上も期待されています。

    テイクアウト専門店のAIによる値付けシステム

    テイクアウト専門の巻き寿司を提供する飲食店の事例です。
    同社では、商品の値段をAIが決定するというユニークな使い方をしています。
    築地市場でのせりに代表されるように、海鮮類は仕入れ量や大きさによって素材の値段が大きく変動します。
    仕入れによって原価が変わるにもかかわらず、一定の値段で提供するのは企業・顧客双方にとって得策ではありません。
    そこで、AIが食材の状況や注文時間によって値段を決める、「時価」を取り入れることにしたのです。
    顧客はWebから商品を注文し、注文時にクレジットカードで決済を行います。
    メニューに商品ごとの目安価格も記載されていますが、最終的な価格は注文時に決まります。
    注文が完了したら、店舗に行ってロッカーの中に置かれている自分の商品を受け取るだけです。
    注文から受け取りまで接客が必要ないほぼ無人店舗のため、人件費も最小限に抑えられます。
    待ち時間なしでスムーズに商品を受け取ることができ、顧客にも快適な購買体験が提供できます。

    予約のリマインドを行うAI

    大手通信事業会社では、飲食店における無断キャンセルを防止する仕組みを提供しています。
    飲食業界の課題の1つとして、フードロス(食品廃棄)があげられます。
    フードロスは日本だけで年間500万トン以上にのぼり、大きな社会問題の1つです。
    予約が無断キャンセルされた場合、用意していた食材が無駄になり、廃棄せざるを得なくなってしまいます。
    こうした無断キャンセルを防ぐため、予約のリマインドをする店舗もあります。
    ですが、人手不足の飲食業で全ての予約をリマインドするのは、不可能に近いです。
    そこで、人の手を使わずに予約のリマインドができるAIが開発されました。
    自然言語処理のAIが利用されており、言葉の意味を理解して自然な会話が可能です。
    AIは予約時の電話番号にリマインドの連絡を入れ、来店可能かどうか、予約内容に変更がないかを確認します。
    予約内容に変更があった場合は、変更作業をRPAが自動で行うため、予約内容確認から変更までを自動化できます。
    これにより、従業員に負担をかけずにリマインドを実行し、売上を最大化することが可能です。

  • 飲食業でAIを導入するなら「MatrixFlow」

    AIを導入すれば、人手不足解消から売上最大化まで様々な課題を解決できることがわかりました。
    AIを導入する方法は、大きく分けて2つあります。
    1つは自社で一からAIを開発する方法、もう1つは既存のAIシステムを自社用にカスタマイズする方法です。
    自社で一からAIを開発するには、システム開発の知見が必要な他、膨大な開発費用と時間がかかります。
    そのため、AIの導入ハードルとしては最も高い方法といえるでしょう。
    2つ目の既存のAIを導入する方が比較的導入ハードルが低く、おすすめです。
    飲食業界でAIを導入するなら、AI構築プラットフォームである「MatrixFlow」をおすすめします。
    MatrixFlowは、自社の課題に応じたAIを構築できるシステムです。
    AIの構築には普通プログラミングが必須ですが、MatrixFlowは一切プログラミングなしでAIがつくれます。
    管理画面上でブロックをつなげる作業がプログラミングと連動しており、視覚的な操作だけでAIを構築できます。
    MatrixFlow内には課題に応じたAIのテンプレートも用意されており、どうやって作ればよいかわからない方も安心です。
    導入時のサポートも手厚く、導入後の活用手順も指南してくれます。
    詳しくは、MatrixFlowにお問い合わせからご連絡ください。

関連した事例