fbpx

MatrixFlowMatrixFlow

MatrixFlow製品情報 / マニュアル / はじめに / AI構築・活用の流れ

AI構築・活用の流れは下記画像の様になります。

〇AI構築・活用手順

<AI構築>

まず学習用データと「レシピ」と呼ばれるAIの設計図を用意します。
次に学習用データを用いてレシピを学習させます。
これにより「学習済みAI」が作成されます。

<AI活用>

上記手順で作成された「学習済みAI」を実際に予測させてみましょう。
なお、AIに予測させることを「推論」と呼びます。
推論を行うためのデータ(推論用データ)を準備して、学習済みAIに推論をさせます。
この予測結果をフィードバックとして再度学習させたり改善を行っていきます。

該当手順の画像