総合情報サイト / マニュアル / 学習中の前処理画面 / 保存した前処理の適用

保存した前処理の適用

学習をし直したり、推論を行う際、前処理を保存したときと 同じ前処理を行いたい場合に、保存した前処理を利用します。

このとき、列数の増減があるなどデータセットの構造が異なっても、前処理を適用する列の仕様が同じであれば問題なく処理できます。

■保存した前処理の適用方法

[前処理]画面右側の[保存した前処理を使用する]の矢印(右図赤枠)をクリックし、保存されている前処理の一覧(右図青枠)を表示します。

一覧から前処理を選択すると、[前処理を実行する]ボタンが有効になります。
クリックすると、即時前処理が実行されます。

保存した前処理の適用_1.png

<適用後の前処理画面例>

保存した前処理の適用_2.png

■保存した前処理が実行に失敗するケース

保存した前処理を実行して何らかの理由で失敗すると、エラーメッセージが表示されます。(右図エラーメッセージのサンプル)
メッセージに従って、データセットや前処理の見直しを行ってください。

保存した前処理の適用_3.png

<よくあるエラーの原因>

  • 前処理の対象列がデータセットに存在しない
  • ラベルエンコーディングを行う際、先に欠損値の補完がされていない
  • ラベルエンコーディングを行う際、変換設定のない文字列がデータに含まれている
    例)男/女を1/0に変換する設定で、「男/女」以外の文字列が存在する
  • 選択した 前処理が誤っている