fbpx

MatrixFlowMatrixFlow

MatrixFlow製品情報 / マニュアル / レシピ管理 / レシピの新規追加

レシピの新規追加について、ご説明します。

レシピを新規追加する場合、下記画像の様な画面で行います。

レシピの新規追加画面は、
レシピタブ内の「新規追加ボタン」をクリックする事で表示されます。

ここでは、レシピの新規追加画面でのボタンやエリアについて解説します。

レシピの新規追加1.png

1.閉じるボタン
 新規追加画面を閉じます。

2.テンプレートボタン
 MatrixFlowが提供するテンプレートレシピを表示します。

3.名前・説明の入力エリア
 学習データに名前・説明を付けられます。

レシピの新規追加2.png

4.ブロックタイプ選択エリア
 以下のブロックタイプから選ぶ事が出来ます。
 ・分類
 ・回帰
 ・自然言語処理
 ・ディープラーニング
 ・その他(基本ブロックや、機械学習アルゴリズムの選定・パラメータチューニングを自動化するAutoFlowなど)
 ・人事特化ブロック(人事関連の機械学習アルゴリズムの選定・パラメータチューニングを自動化するHRFlow)

5.ブロック格納エリア
 ブロックが格納されているエリアです。
 ここからドラッグ&ドロップで、ブロック設置エリアに配置します。

6.ブロック設置エリア
 ブロックを設置して、レシピを作成するエリアです。

レシピの新規追加3.png

7.ブロック設置エリアの調整機能
 ブロック設置エリアはマウスカーソルやホイールで画面調整が出来ます。
 ボタンはブロック設置エリアの画面調整機能をリセット・調整するボタンです。
 ・ズームをリセット:画面のズームイン、ズームアウトをリセットします。
 ・移動をリセット:画面の移動を初期位置にリセットします。
 ・整列機能:バラバラに配置されたレシピブロックを整列します。

8.パラメータエリア
 ブロックを選択すると、ブロック内のパラメータを確認する事ができます。
 また、パラメータを好きな値に変更する事も出来ます。

9.保存・キャンセルボタン
 保存:編集中のレシピを保存します。
 キャンセル:編集をキャンセルします。