fbpx

MatrixFlowMatrixFlow

MatrixFlow製品情報 / マニュアル / データ管理 / データベースの登録画面

データベースの登録についてご説明します

以下の画像は、「データベースから取得」をクリックする事で表示されます。

データベースの情報を登録することで、
データベースからデータをMatrixFlowへインポートする事が出来ます。

まずは、データベースの情報を登録してみましょう。

データベース登録画面1.png

1.データベース種別の設定
 2つのデータベースから選択出来ます。
 ・MySQL
 ・PostgreSQL

2.接続先ホストの設定
 接続先のホストのアドレスを入力して下さい。

3.接続先ポートの設定
 接続先データベースのポートを入力して下さい。

データベース登録画面2

4.データベースの名前入力エリア
 データベースに設定されている名前を入力して下さい。

5.データベースのユーザー名入力エリア
 データベースに設定されているユーザー名を入力して下さい。

6.データベースのパスワード入力エリア
 データベースに設定されているパスワードを入力して下さい。

データベース登録画面3

7.閉じるボタン
 接続先データベースの設定画面を閉じます。

8.名前の入力エリア
 MatrixFlowで表示されるデータベースの名前が付けられます。

9.説明の入力エリア
 MatrixFlowで表示されるデータベースの説明が付けられます。

10.追加ボタン・テストボタン
 それぞれのボタンの動作は以下の通りです。
 ・追加ボタン:入力した内容のデータベースを追加します。
 ・テストボタン:入力した内容に不備が無いか、通信テストを行います。