fbpx

MatrixFlowMatrixFlow

MatrixFlow製品情報 / マニュアル / 推論 / 推論画面について

推論画面について、ご説明します。

いよいよ作成したモデルを用いて推論を実行します。

本セクションでは推論の実行方法や結果の画面の詳細をご説明します。

推論用データに関して

推論に用いるデータはパソコンの中に保存されている必要があります。推論に必要な情報(列)を持ったデータを用いて推論させましょう。

推論について

使用できる推論の種類について

現在選択可能な推論の種類は以下の4種類です。

・分類

・回帰

・ベクトル化

・次元圧縮