総合情報サイト / AI活用事例・AI導入事例 / AIの来客予測への活用方法とは?実例とともに解説!

AIの来客予測への活用方法とは?実例とともに解説!

来客予測を正確に行うことは、店舗運営において非常に大事な要素です。しかし、これまでのように人の力で行う来客予測では複雑かつ膨大なデータを正しく処理することが難しく、時間と手間がかかる割に成果につながりにくいという課題がありました。 AIによる来客予測を行うことでそのような課題を解決できるとともに、顧客ニーズの多様化やグローバル化、コロナ禍の影響などにも迅速に対応することが可能になります。 本記事では、このようなAIを活用した来客予測のメリットや方法、具体的な事例などを紹介します。

  • 来客予測でAIを活用するメリットとは?

    これまでの来客予測は、担当者が経験にもとづき行っている場合がほとんどでした。しかし来客予測を行うには店舗の立地や当日の天気、顧客の嗜好など考慮しなければならない要因が多く、熟練した担当者であっても正確に来客予測を行うのは困難です。時間がかかる割に精度は高くないという点が課題の1つでした。

    来客予測にAIを活用することで、こうした課題を解決することができるようになります。具体的には以下のようなメリットがあります。

    1.複雑かつ膨大な要因を踏まえた予測ができる
    2.スキル不要で誰でも同じ精度の予測ができる
    3.新製品でも予測ができる

    それぞれ詳しくみていきましょう。

    1.複雑かつ膨大な要因を踏まえた予測ができる

    正確な来客予測を行うためには店舗の立地や当日の天気、顧客の嗜好など複雑かつ膨大なデータを分析する必要があります。最近ではSNSでの口コミなどリアルタイムで更新される情報も大事な要因となっており、人の力ですべてのデータを加味して来客予測を行うのには限界がありました。

    AIを用いた来客予測では、こうしたデータを瞬時に分析することが可能です。また、AIでの分析はデータが増えれば増えるほど精度が高まるという特徴もあるため、データが増えていくことに伴う作業工数の増加を気にしなくてよいという点もメリットの1つです。

    2.スキル不要で誰でも同じ精度の予測ができる

    前述のとおり、人の力で分析する必要がなくなるため、知識やスキルが未熟な担当者でも来客予測を行うことが可能になります。これまでは担当者の熟練度に依存していた予測結果が、いつ・誰が行っても同じ精度で確認できるようになるため、常に安定した店舗運営計画を策定できるようになります。
    そのため、予測が外れて在庫不足や在庫過多が発生するリスクも最小限に抑えることができ、コスト削減や売り上げアップにもつながります。

    3.新製品でも予測ができる

    新製品はこれまでの履歴データが充分ではないため、従来は来客予測が難しいとされていました。AIを導入すると、新製品と同様の特性をもつ既存の製品のデータをもとに予測を行うことができるため、たとえ新製品であっても精度の高い予測が可能になります。
    また、AIによる予測は過去のデータだけではなく、変動の大きい周辺市場の状況なども踏まえた分析を行えることも特徴です。これにより、今後流行する製品を予測することもできるため、予測結果をもとに新製品の開発を行っている企業もあります。

  • 来客予測でAIを活用する方法

    自社でシステムを開発する

    自社内にエンジニアがいる場合など、プログラミングの知識を持つ人がいる場合はその人の技術をもってAIによる来客予測システムを開発することも1つの方法です。
    自社で行う場合は自社の事情にあわせた開発が行えることがメリットである一方、コストがかかってしまうところが懸念になります。

    AIプラットフォームの活用

    「AIプラットフォーム」では、データを入れるだけでAIを構築して、システムへの実装までを行ってくれます。また、複数のアルゴリズムから最適な内容を選択してくれるので、データサイエンティストでなくてもおすすめです。
    「MatrixFlow」はデータを投入するだけで簡単に、低コストで、初心者でもAIを構築・活用することができます。AIのプロによるサポートも充実しています。

  • 来客予測でAIを活用した事例

    ここでは、AIを活用した来客予測の事例を紹介します。飲食・小売業を営むある企業では、AIによる来客予測を導入することで6年間で売上が4.8倍に拡大したそうです。どのように来客予測を行っているのか、具体的な活用方法やその効果を紹介します。

    1.従前の問題点

    AIを導入する前まではExcelでデータベースを作成して来客予測をしていました。しかし、時間も手間もかかってしまうこと、Excelを操作できる人も限られており作業が属人化していることなど課題が多い状況でした。

    2.AIによる来客予測の導入

    AI企業などとパートナー契約を結び、AIによる来客予測を導入。翌日から最長1年先までの来客予測を簡単かつ正確に行えるようになりました。予測結果はホールとキッチンの境界に設置した大型モニターで全従業員の目に触れるようになっており、全員がリアルタイムで来客予測に対応することが可能となっています。

    3.データをもとに運営改善

    蓄積されたデータをもとにさまざまな改善を行うことで、経営状態を良好に保っています。

    ・テーブルごとの回転数を分析し、テーブル数を最適化
    ・必要な炊飯量を把握し、廃棄ロスを防止
    ・客層にあわせた商品をお土産コーナーに置くことで売上アップ
    ・ディスプレイ設置による入店率のデータと平均通行量などを組み合わせて分析、設備投資を最適化

    4.従業員のモチベーション向上

    目に見えない効果として、従業員のモチベーションの向上があります。先述のとおり、分析したデータは全従業員が見えるところに表示されるので、従業員ひとりひとりが自分事としてデータと向き合うことができるようになります。そのため、データをもとに改善した成果があらわれるとやる気のアップにつながるのです。
    また、正確に来客予測ができるようになったため、来客数が少ない日に長期休暇を取得するように調整ができるようになりました。従来の飲食・小売業ではなかなか難しかった福利厚生も提供できるようになり、従業員の帰属意識も高まっています。

    5.コロナ禍でのデータ活用

    コロナ禍でもデータにより顧客の動きを分析していたおかげで、顧客属性の変化にいち早く気づくことができました。従来と比べて若者層が増えていたため、インスタ映えするメニューを開発して若者層に訴求したことで、コロナ禍による売り上げ減少を最低限に抑えることができています。

  • AI・機械学習の来客予測における活用:まとめ

    本記事では、AIによる来客予測のメリットや具体的な事例などを紹介しました。
    これまで人の力では限界があった来客予測も、AIを活用することにより誰でも簡単に対応することができるようになります。

    精度の高い来客予測を行うことにより在庫不足や在庫過多を防ぎ売り上げアップにつながるだけではなく、従業員の負担も軽減することができるなど様々なメリットがありました。

    しかし、いざ導入したいと思っても何から始めたらよいか悩んでしまう人も多いかもしれません。そういう人には記事内で紹介した「MatrixFlow」がおすすめです。専門的なスキルがなくても使用でき、専門スタッフによるサポートも受けられるので安心です。ぜひMatrixFlowを使って簡単にAIによる来客予測を始めてみてください。

お問い合わせ

    氏名
    会社名
    会社メールアドレス
    つながりやすい電話番号

    個人情報保護方針に同意の上送信します。

    プログラミングなしでAIを構築・AI需要予測の実施方法をはじめ、業界別のAI活用を掲載しています

    資料ダウンロード

    関連した事例

    問い合わせ 資料請求