OptFlow(最適化)とは

OptFlow(最適化)とは

OptFlowは、金額を最小化して品質を最大化するなど条件を設定し、その条件を満たす最適な値を予測する「最適化AI」を作成するためのレシピブロックです。
このマニュアルではOptFlowの使い方と、最適化についてご説明します。

最適化とは

最適化とは、条件となる制約を設定し、その条件に当てはまるように値を予測する手法です。

例えば、製造業の分野では、商品の金額は2000円以下で品質をより高くするなどの条件を設定して、商品の材料の最適な値の組み合わせを求めることができます。
製造業だけではなくマーケティングの分野では、過去の購買データから、商品を購入した年齢・性別などの顧客データに30代の男性などの条件を加えて、その顧客が購入しやすい商品の値段を予測することもできます。
幅広い分野を取り扱うことができるので、その他にどのような分野で活用できるのか、ご興味のあるかたはお問い合わせからMatrixFlowのAIコンサルタントにご相談ください。

また、より詳細にOptFlow(最適化)の仕組みについて知りたい方は、最適化の仕組みのマニュアルを参照してください。

OptFlowの使い方

OptFlowはレシピ編集画面のブロックタイプの「最適化(OptFlow)」の中にあります。
OptFlowのブロックを配置すると以下の画像のように、AutoFlowのブロックがつながった状態でブロックが表示されます

(AutoFlowは自動機械学習(AutoML)機能を備えたブロックです。AutoFlowの詳細についてはAutoFlowのマニュアルを参照してください)

OptFlow(最適化)とは ブロック設置

OptFlowのブロックを設置できましたら、以下の図のようにブロックをつなぐだけで最適化を実行できるレシピの完成です。

※OptFlowのブロックは「回帰」のブロックのみをご利用いただけます。「分類」のブロックなどはつなげることができませんのでご注意ください。

OptFlow(最適化)とは レシピ作成完了