総合情報サイト / AI活用事例・AI導入事例 / 介護業界でのAI活用事例、メリットをご紹介

介護業界でのAI活用事例、メリットをご紹介

出生率の低下、医療技術の発展を背景に、日本の少子高齢化問題は深刻化しています。その受け皿である介護業界は、今後ますますニーズが高まっていくといえるでしょう。しかし、ケアを行う介護スタッフが不足し「介護難民」という言葉が生まれるなど問題化しています。 そうしたスタッフの業務負担を解消し、効率化を推進するために、近年AIというテクノロジーに注目が集まっています。一見、介護とAIに関連はないように思われますが、現場ではAIを活用した試みがスタートしています。 例えば、ケアマネジャーが行っていたケアプランの作成をサポートするなど、今まで担当者が抱え込んでいた作業をAIが肩代わりすることなどがあげられます。 この記事では、介護業界におけるAIの活用方法、その具体的な導入事例について紹介します。

  • 介護業界でAIが注目される背景とは


    上記理由から介護を必要とする人は年々増えていますが、先に述べたようにスタッフの不足により、介護を受けることができない「介護難民」が増加する傾向にあります。
    特に、人口の集中している関東では、そうしたケースが多く発生しています。
    こうした問題を解決するため、介護業界では積極的な人材の採用を進めていますが、介護に対しては「重労働」などのイメージがあり、スタッフにとって働きやすい環境を整えることが課題となっています。そこで、業務の一部をAIに担当させることで、業務の効率化をはかる動きが活発化しています。
    AIを導入することで、以下のような効果が見込まれています。
    ・スタッフの業務を効率化することで負担を軽減
    ・介護サービスの質を底上げする
    ・介護サービスの利用者・その家族の満足度アップ(データ連携など)
    こうした理由から、介護業界ではAI活用に注目が集まっています。

  • 介護業界におけるAIの導入事例6つ


    介護業界で注目を集めるAIの導入事例には、どのようなものがあるのでしょうか。
    スタッフの業務を効率化する「ケアプラン作成サポート」、「介護施設までの送迎ルートの割り出し」、センサー・カメラ・ロボットによる「見守り」など、スタッフの負担を軽減するための機能がメインとなっています。
    以下、導入事例を交えながら詳しく説明します。

    1.介護業界のAI導入事例~ケアプラン作成~

    九州・東海の地域では、民間事業所がAIを活用したケアマネージャーのサポートとして「ケアプラン作成」を支援する取り組みがスタートしました。
    AIが要支援者に対して将来の身体の状態を予測します。そして、今後の重症化を防止するための介護予防サービスを提案します。
    ケアプラン作成に必要な専門知識の学習や情報収集をAIがサポートすることで、ケアプラン作成の業務負担軽減、またケアマネジメントの質を向上させることができます。
    AIが得意とする作業を任せることで、ケアマネージャーは利用者への寄り添った対応・相談に注力することができます。
    要介護についてのAIサービスはすでに存在していましたが、要支援者に対してのサポートは、これが初めての試みになります。
    介護業界において、AIの活用が進んでいる証拠と言えるでしょう。

    2.介護業界のAI導入事例~介護リフォームの見積もり作成~

    介護リフォームについて、見積作成にAIを活用した事例があります。
    手間がかかるため、建設業者らに敬遠されがちな介護リフォーム。それを業界で初めてフランチャイズ化させました。
    4万件の実績から見積AIアプリを自社開発し、特許を取得しました。
    専用端末でアプリを立ち上げ、リフォーム対象の箇所を撮影することで寸法を割り出し、その場で見積もりの自動作成が可能となっています。

    見積もりだけでなく、契約書の電子署名をはじめ介護保険の申請書類など、事務業務を一括管理できるシステムもあわせて構築しました。円滑な連携が取れることで、工期についても大きく短縮できています。(通常1カ月以上かかる工期を、2週間も短縮した事例あり)
    介護リフォームの経験が浅いスタッフであっても、均一なサービスの質を保つことができることが、このAIを活用したサービスの特徴です。

    3.介護業界のAI導入事例~送迎業務の効率化~

    介護施設まで利用者を送迎する際に問題になるのが、その効率化です。
    なぜなら、利用者ごとに以下のような制約条件があるためです。
    ・日によって利用者が異なる
    ・介護施設から自宅までの距離
    ・送迎の時間
    ・乗降にかかる時間
    ・自宅前まで大型車が乗り入れ可能かどうか
    ・車椅子や大型歩行器の利用が必要かどうか
    ・利用できる座席の位置
    各利用者の制約に合わせてパズルのように送迎対象者を組み合わせることは大変です。そこで開発されたのが、効率的な送迎計画を作成するAIサービスです。
    そのうえ、作成したルートを自動でカーナビに転送できるため、不慣れなドライバーでも安心できます。
    送迎の実績の帳簿を作成することで、報告書を書く時間も短縮できるなど、毎日30分~60分から程度、業務を短縮できたとの声もあります。

    4.介護業界のAI導入事例~見守りをロボットで代行~

    介護業界には、AIを活用した見守りロボットが導入されている事例があります。
    入居者のプライバシーに配慮しつつ、カメラで画像認識によって介護の「見える化」を実現します。
    転倒して大きな怪我をする前に、危険な動作に入る予兆(例:起き上がる)を検知します。生体センサーと組み合わせて見守ることで、重大な事故の防止に役立ちます。
    スタッフが部屋を訪ねる回数を減らし、夜勤のストレスを軽減することにも役立ちます。
    また万が一、事故が発生した場合においても、画像が保存されているため、入居者家族からの訴訟リスクを回避することができます。

    5.介護業界のAI導入事例~行動モニタリング~

    入居者が異常な行動をした際にAIが検知し、スタッフにアラートで通知する行動モニタリングサービスがあります。
    プライバシーに配慮した簡易センサーを設置することで、温度・湿度・人感・電力・ドア開閉などの情報から行動データを取得することができます。
    入居者の「プライバシーの配慮」、そして一人ひとりの「行動把握」を両立することができることが特徴です。
    介護事業者・入居者・家族の3者間のコミュニケーションを円滑化することを目的として開発されました。

    6.介護業界のAI導入事例~AI搭載の自立走行ロボット~

    周囲の環境を認識、学習できるAIを搭載し、2本のアームで物を掴むことも可能な自立走行ロボットが介護業界に導入されています。
    具体的には、紫外線を使用した消毒作業(感染症対策)、介護施設の夜間の見回りなどに対応しています。

  • さまざまな業界に活用できるAIモデル「MatrixFlow」

    介護業界に特化したAIについて紹介しました。
    人手不足の介護業界にはAIの導入による効率化が期待されています。
    AIサービスというと、活用に専門スタッフが必要になるというイメージがありますが、近年では手軽に利用できるサービスが増えています。
    その1つが、プログラミング不要のAI構築プラットフォーム「MatrixFlow」です。
    処理単位のブロックをドラッグ&ドロップし、繋ぐことでアルゴリズムの開発が可能です。
    また、データの管理や作成したアルゴリズムの管理など、AI構築に関わるすべての工程を一元的に管理することができます。
    介護業界をはじめ小売業界など、さまざまな業種・業界において活用することが可能です。
    たとえ、退職や異動などで担当者が変わったとしても、プラットフォーム上にすべてのデータが蓄積されているため、クオリティが落ちる心配がないことも特徴です。
    AIを活用することで、担当者が本来注力すべき業務に集中することが可能となります。
    ぜひ、詳細はお問い合わせください。

関連した事例