fbpx
M A T R I X F L O W

Now,We Are Data Scientist

  1. 株式会社MatrixFlow TOP/
  2. News/
  3. データを入れるだけで、未来を予測。時系列解析機能のTrendFlowをMatrixFlowが提供開始

データを入れるだけで、未来を予測。時系列解析機能のTrendFlowをMatrixFlowが提供開始

アフターコロナにこそ、AIを活用

株式会社MatrixFlow(本社:東京都三鷹市、代表取締役:田本 芳文)​は、データを投入するだけで、誰でも時系列解析が出来るTrendFlow(トレンドフロー)を開発し、プログラミング不要のAI構築プラットフォームMatrixFlow上で提供を開始いたしました。
本来、時系列解析は、欠損値の前処理、アルゴリズムの構築や評価など、データサイエンティストであっても難しい内容ですが、TrendFlowなら欠損値があっても前処理せず、データを投入するだけで予測が可能です。
先行きが見えないアフターコロナの世界において、AIがデータから未来を可視化します。

MatrixFlow:https://ai.matrixflow.net/signin
TrendFlowの使い方に関しての記事(プログラミングせずにコロナ感染者数を予測するAIを作る):https://note.com/matrixflow/n/n70d344155ae8
MatrixFlowやTrendFlowに関するお問い合わせ:https://www.matrixflow.net/contact/

【開発の背景】
アフターコロナで今後の先行きが見えない中、今までのように人間の経験や直感だけで判断することは、より一層難しくなってきております。
そのような先行きの不透明な世界でこそ、AIを使ってデータから未来を読むことが求められていると言えます。
しかしながら、時系列解析は、欠損値の前処理やアルゴリズムの構築、評価など、それぞれの工程において、時系列解析ならではの知識を必要とするため、データサイエンティストであっても難しいテーマです。
そこでデータを投入するだけで誰でも時系列解析が出来るTrendFlow(トレンドフロー)を開発いたしました。

【TrendFlow概要】
TrendFlowの使い方・概要は以下の通りです。
より詳細な例は、以下の記事「プログラミングせずにコロナ感染者数を予測するAIを作る」を参考にしてください。
https://note.com/matrixflow/n/n70d344155ae8

Step1.データのアップロード
まずは、予測をする上での材料となるデータをアップロードします。

Step2.レシピの設計
AIの設計図であるレシピは、TrendFlowのブロックを繋ぐだけです。

Step3.学習
データとレシピを紐付けて学習を行うと、実績値と予測値を見ることができます。
予測値は、最終的な予測結果以外にも、全体動きの傾向を表すトレンドや、トレンドの変化を検知する変化点、週の周期に関する分析結果などが表示されます。
(予測結果)

(トレンド)

(変化点)

(週周期)

Step4.予測
予測期間を入力するだけで、AIが未来を予測して可視化してくれます。
また結果はダウンロードすることができるため、自身でより詳細な分析を行うことも可能です。

加藤 潤一 カテゴリー : タグ :